恐怖を感じないために


海外での出来事が報道されている

ニュースで痛ましい事件について知る


様々な媒体で恐怖を感じるような出来事が勝手に入ってきます。


よく、

「テレビを見ないでいると良いよ」

「自分の好ましいものだけを見るようにすれば良いよ」

なんていうアドバイスがありますが、そうなると世間のことがわからなくなるという恐れもありますよね。



でも、実際に自分とは関係のない問題で、頭の中をいっぱいにしている状況こそが自分自身を辛い目に合わせてしまっています。





今日、目的地まで行く途中、事故がありました。

警察の方が数人いてパトカーも数台駆けつける状況です。


けれど、そこからたった300メートルほど離れると、その状況を知らない人々が何ごともないように過ごしています。



大変なことも、悲惨なことも、そこから離れて見えなければその人たちにとっては存在しない事実なんですよね。



こういうことが、単にニュースなどの報道上でなく、現実でも起こっているのに知らないんです。

たった300メートルでも。



そして、その現場に居合わせたからといって、何かできるわけでもありません。




これって、気に病むことで現実が変わらないということですよね?



ニュースなどを聞いて暗い気持ちになって悲観するのが趣味な人なら良いと思いますが、そうじゃない、楽しい気持ちで居たいなら、楽しさを見つけることに没頭したほうがよっぽど楽しいですよね!



自分自身がどう在りたいかは決められるんです。


選択権は自分自身にあります♡

■お問い合わせは、こちらまでお願いします。 


0コメント

  • 1000 / 1000