お試し期間を乗り越える

昨日は、 「本当はわかっているのに、わからないふりをしたいだけ。」

という感覚で取り組んでみるとあっさり上手くできちゃった!話を書いたんですが。


そのあとも同じように続けているとやってきました


「お試し期間」というやつです。




ステージがシフトする時に起こると言われていますよね。

Photo by Ahmad Odeh on Unsplash



これまでも何度か経験していたので、それを意識していたのですが、まんまとステージシフトの魔力にやられてしまいました。




このお試し期間の時に心が折れてしまうんですよね〜。





で、

「私には無理」

「やっぱり向いていないから、そのサインなんだ〜」とか


言い訳が始まるんですよね。

結果、言い訳して諦めちゃう。



それって、潜在意識の思い通りに成っているんですね。前回も書いたんですが。



負のループにこうして嵌ってるんだ〜と気づくだけでも変われたんです。





その時に強烈に思い出したいのが

「本当はわかっているのに、わからないふりをしたいだけ。」

っていうことなんです。




巻き込まれてる被害者意識のままでは、何も変わりません。

変えられないんです。



そんな意識の使い方を現実に反映してしまうからです。




気づいた時に、現状を把握して、進みたい方向に意識チェンジするんですね。




これで、思い込みの意識から解放されます。



無事、被害者意識脱出です。



本当の自分の力を思い出して、意識に集中できるように立てなおせるようになります。

現実の見方もその瞬間から変わるんですね♡



ステージ以降の間に何度も同じことを繰り返し体験するでしょう。


「本当に、今感じてる その虚しさ苦しさ体感しなくて良いの?」と問いかけられるように。





その時に粘り強く「もう良いよ!もう必要ないよ!」という態度で在ることでいつの間にかステージが変わっているのかもしれません。


私も実験の最中なので、その感覚を確かめながら、楽しみたいと思います♡


■お問い合わせは、こちらまでお願いします。 


0コメント

  • 1000 / 1000